尊敬語

敬語に言い換え

敬語で「行く」の尊敬語と謙譲語。上司と自分では使い方が違う

自分では、丁寧に接しているつもりでも、勘違い敬語を使っているとマイナスになります。 言葉使いは、上司や先輩、同僚、お客さまなどでも使い分けをしなくてはなりません。 正しい敬語をマスターして、失礼のないコミュニケーションが取れるようにしましょうね。
敬語の使い方

「召し上がり」敬語は「お召し上がり」「召し上がられ」間違いは後者の理由

「召し上がり」をはじめ相手を促す、依頼する言葉には「お・ご~ください」の表現をします。「お・ご」も敬語、「ください」も敬語、「召し上がり」も敬語、、どれだけ敬語?というくらい二重敬語どころじゃなくなりますが、簡単にまとめてみました
敬語に言い換え

「どこで知りましたか」敬語をより良い言い方。「知る」の尊敬語と謙譲語

この「どこで知りましたか」はお客様に対して使いたい言葉ですよね。お客様相手ですからより失礼のないように気を付けたいものです。年齢が上になればなるほど気にされる方も多いので、敬語が使える人の印象を残せるチャンスでもありますね^^