上司

敬語の使い方

上司に「気を付けて」正しい敬語の使い方 出張時やメール伝えるなら

日常的に使う「気をつけて」という言葉。友人と別れる時、仕事に向かう家族をお見送りする時、そして会社の上司が営業や出張などで外出する時! 相手を気遣う表現なのですが、伝わり方次第で上から目線に感じ取られてしまったりと失礼になることもあります。失礼にならいように伝えるためには、正しい敬語を身につけておきたいですね。
敬語の使い方

「各位」上司へ正しい使い方。様は必要?または別の言い方

ビジネスの場でよく使われる「各位」という言葉。正しい使い方が出来ていますか?また、別の言い方はある? 使い方をよく知って、メールや書類作成に役立てましょう。
敬語に言い換え

「すいません」「すみません」謝るときの上司へ敬語の正しい使い方

ビジネスの場では、謝罪する機会も多いです。そんな時にどのような言葉で謝るのが正しいのか?。 普段よく使っている「すみません」という言葉。実はビジネス上においてはあまりよくないことが多いんです。 そこで正しい敬語とどんな時にどんな使い方をするかまとめました。
敬語に言い換え

「見てください」敬語を上司へ使う場合。別の言い換えやメールの場合

社会人になれば目上の人に書類やメールを見てもらわないといけない機会が多くなりますね。 目上の人に見てほしい書類がある場合は、どう敬語を使うべきなのでしょうか。 敬語を正しく使い相手を敬っているという気持ちを伝え、失礼のないようにしましょう。
敬語に言い換え

「教えてください」敬語を上司へ正しい使い方。メール、電話の場合

「教えてください」このこの言葉は会社内なら先輩は上司などに特によく使う言葉ですよね。先輩や上司、同僚にも教えてもらいたいときどのような敬語が正しいか、直接話すとき、メールのとき、電話などシーン別にそして状況別に4つの言い方、伝え方をまとめてみました。 たとえば「参考にしたいので教えてください」を敬語でなんといえばいいでしょうか?
敬語に言い換え

上司に「大丈夫です」敬語で否定なら「結構です」OK「構いません」間違い

「大丈夫です」という言葉はよく使ってしまいますが、敬語として正しい、正しくないということもありますが、否定にも工程にも使われるとても誤解を招きやすい言葉でもあります。ビジネスシーンではちょっとした誤解が大変な事態を招く可能性もありますので、正しい使い方、わかりやすい使い方をまとめました。
敬語の使い方

上司が先に帰るときの挨拶で「お疲れ様」「ご苦労様」目上に失礼?その他の言葉がけ

上司が先に帰るときの「お先ね~」「お疲れ~」という退社の挨拶に対してなんと返事を返していいのか考えてしまう人がとてもおおいですね。上司に対して適切な挨拶はなにか、万能に使える言葉とは、また上司との関係性のよっても違いますのでご覧ください。
敬語の使い方

「お疲れ様」は目上に失礼?お疲れ様でございますは正しい?言い換えその他

「お疲れ様」が目上に対して失礼なのか色んな意見があります。また「お疲れ様でございます」が正しいのか?他にも正しい敬語で言い換えることができるのか、マナー研修で現在教えられている内容をまとめてみました。
敬語の使い方

「構いません」は敬語?目上に失礼?「結構です」の違いと使い方と意味

「構いません」はそもそも敬語なのか・・・?ビジネスシーンでは正しく敬語を使って失礼のないようにコミュニケーションを図りたいものですよね。そこで多くの人が使っている「構いません」と「結構です」の違いや正しい使い方や意味についてまとめてみました。
敬語に言い換え

「分かりました」の敬語を上司へ「了解しました」は間違い?メールの場合

上司に対して「分かりました」を敬語にもいくつか種類があります。シーンに応じての使い方や、よく使われる「了解しました」は敬語ではないという意見が多いですが、使っても良いとされる場面もあります。その他メールでの敬語の使い方などまとめました。