メール

敬語の使い方

上司に「気を付けて」正しい敬語の使い方 出張時やメール伝えるなら

日常的に使う「気をつけて」という言葉。友人と別れる時、仕事に向かう家族をお見送りする時、そして会社の上司が営業や出張などで外出する時! 相手を気遣う表現なのですが、伝わり方次第で上から目線に感じ取られてしまったりと失礼になることもあります。失礼にならいように伝えるためには、正しい敬語を身につけておきたいですね。
電話

会社を休む電話が当日のとき注意点。何時に?出ないときはメールOK?

毎日しっかり出勤してる方でも、どうしても外せない急な用事!いきなり襲ってきた体調不良! なんとなく今日は仕事に行きたくない!そんな時、ありますよね? ここでは出勤当日、会社に電話で欠勤を伝える時の注意点やポイントをまとめてみました。
敬語に言い換え

「見てください」敬語を上司へ使う場合。別の言い換えやメールの場合

社会人になれば目上の人に書類やメールを見てもらわないといけない機会が多くなりますね。 目上の人に見てほしい書類がある場合は、どう敬語を使うべきなのでしょうか。 敬語を正しく使い相手を敬っているという気持ちを伝え、失礼のないようにしましょう。
敬語に言い換え

「教えてください」敬語を上司へ正しい使い方。メール、電話の場合

「教えてください」このこの言葉は会社内なら先輩は上司などに特によく使う言葉ですよね。先輩や上司、同僚にも教えてもらいたいときどのような敬語が正しいか、直接話すとき、メールのとき、電話などシーン別にそして状況別に4つの言い方、伝え方をまとめてみました。 たとえば「参考にしたいので教えてください」を敬語でなんといえばいいでしょうか?
敬語の使い方

「させていただく」正しい敬語メール編。使いすぎ注意!別の言い方は

社内メールでも社外メールでも「させていただく」は多用しがちの便利な敬語ですよね。でも最近では使い過ぎる人を「させていただく症候群」といわれています。NHKでも取り上げられていましたし、大きな問題になっています。 正しい使い方と間違って使ってしまうときの別の言い方(書き方)をまとめました。
敬語の使い方

「伺う」敬語の社外メール偏。敬語の種類や謙譲語の正しい使い方

「伺う」という言葉はビジネスシーンではよく使われますよね。社外の方と打ち合わせのメールやり取りをしているときにもよく使うと思いますが、とても便利な言葉であるからこそ多用して間違えてしまうことも多いのです。「伺う」の敬語の種類や正しい使い方をまとめてみました。
敬語に言い換え

「分かりました」の敬語を上司へ「了解しました」は間違い?メールの場合

上司に対して「分かりました」を敬語にもいくつか種類があります。シーンに応じての使い方や、よく使われる「了解しました」は敬語ではないという意見が多いですが、使っても良いとされる場面もあります。その他メールでの敬語の使い方などまとめました。