敬語の使い方

敬語の使い方

上司に「気を付けて」正しい敬語の使い方 出張時やメール伝えるなら

日常的に使う「気をつけて」という言葉。友人と別れる時、仕事に向かう家族をお見送りする時、そして会社の上司が営業や出張などで外出する時! 相手を気遣う表現なのですが、伝わり方次第で上から目線に感じ取られてしまったりと失礼になることもあります。失礼にならいように伝えるためには、正しい敬語を身につけておきたいですね。
敬語の使い方

「各位」上司へ正しい使い方。様は必要?または別の言い方

ビジネスの場でよく使われる「各位」という言葉。正しい使い方が出来ていますか?また、別の言い方はある? 使い方をよく知って、メールや書類作成に役立てましょう。
敬語の使い方

「ご苦労様です」失礼な挨拶?「お疲れ様です」の違いと正しい使い方

「ご苦労様」と「お疲れ様」二つの言葉はよく日常で飛び交う言葉ですよね。正しく使い分けができていますが? この2つの言葉の区別を知っておくことは円滑な人間関係に大きく影響してきますので、間違えないよう正しく使って恥をかかないようにしましょう。
敬語の使い方

「ご覧いただく」敬語は間違い?正しい使い方と二重敬語について

「ご覧いただく」よく使われる敬語ですよね。違和感を感じる方もいるようですが間違いではないのが多数派です。さらに同じような敬語で「ご覧くださる」もありますがこの違いもまとめした。
敬語の使い方

「召し上がり」敬語は「お召し上がり」「召し上がられ」間違いは後者の理由

「召し上がり」をはじめ相手を促す、依頼する言葉には「お・ご~ください」の表現をします。「お・ご」も敬語、「ください」も敬語、「召し上がり」も敬語、、どれだけ敬語?というくらい二重敬語どころじゃなくなりますが、簡単にまとめてみました
敬語の使い方

「させていただく」正しい敬語メール編。使いすぎ注意!別の言い方は

社内メールでも社外メールでも「させていただく」は多用しがちの便利な敬語ですよね。でも最近では使い過ぎる人を「させていただく症候群」といわれています。NHKでも取り上げられていましたし、大きな問題になっています。 正しい使い方と間違って使ってしまうときの別の言い方(書き方)をまとめました。
敬語の使い方

上司が先に帰るときの挨拶で「お疲れ様」「ご苦労様」目上に失礼?その他の言葉がけ

上司が先に帰るときの「お先ね~」「お疲れ~」という退社の挨拶に対してなんと返事を返していいのか考えてしまう人がとてもおおいですね。上司に対して適切な挨拶はなにか、万能に使える言葉とは、また上司との関係性のよっても違いますのでご覧ください。
敬語の使い方

「お疲れ様」は目上に失礼?お疲れ様でございますは正しい?言い換えその他

「お疲れ様」が目上に対して失礼なのか色んな意見があります。また「お疲れ様でございます」が正しいのか?他にも正しい敬語で言い換えることができるのか、マナー研修で現在教えられている内容をまとめてみました。
敬語の使い方

「構いません」は敬語?目上に失礼?「結構です」の違いと使い方と意味

「構いません」はそもそも敬語なのか・・・?ビジネスシーンでは正しく敬語を使って失礼のないようにコミュニケーションを図りたいものですよね。そこで多くの人が使っている「構いません」と「結構です」の違いや正しい使い方や意味についてまとめてみました。
敬語の使い方

「伺う」敬語の社外メール偏。敬語の種類や謙譲語の正しい使い方

「伺う」という言葉はビジネスシーンではよく使われますよね。社外の方と打ち合わせのメールやり取りをしているときにもよく使うと思いますが、とても便利な言葉であるからこそ多用して間違えてしまうことも多いのです。「伺う」の敬語の種類や正しい使い方をまとめてみました。