新入社員歓迎会の司会進行と流れ。幹事挨拶と締めの例文の注意点

新入社員歓迎会

初めて新入社員の歓迎会担当になるとわからないことが多いですよね。司会進行はどのようにするべきか?特にはじめの挨拶から乾杯まで、そしてお開きまでの司会のお仕事をまとめました。

スポンサードリンク

新入社員歓迎会の司会進行と流れ

まずはお開きまでの全体の流れからみていきましょう。

司会のあいさつ

役員のあいさつ

乾杯

新入社員紹介・あいさつ

食事・歓談

お開きのあいさつ

これが一般的な流れです。ですが、会社によってはそれぞれのやり方がある場合がありますので必ず前任者や先輩などに相談しながら決めることが重要です。
次に、司会のあいさつはじめ進行の言葉はこちらです。

<司会のあいさつ>

「只今から、〇〇部の新入社員歓迎会をはじめます。司会進行を務めます〇〇です。宜しくお願いします。」

<役員のあいさつ>

「それではまずは〇〇部長よりあいさつをお願い致します。」
※その場で一番偉い人のあいさつをして頂きます。

<乾杯の音頭>

「それでは、続きまして乾杯の音頭を〇〇課長にお願いしたいと思います。」
※その場で二番目に偉い人にして頂きますが、役員あいさつと同じ人でもOKです。

<食事・歓談>

「それでは、食事をご用意していますのでしばしお食事とご歓談をお楽しみください」

<新入社員紹介・あいさつ>

「それでは、早速ですが新入社員の方の紹介とあいさつをさせていただきたいと思います。」
※自己紹介した後、司会者がひとりづつインタビュー形式で色々と聞くと沈黙や変な雰囲気になることが避けられます。

スポンサードリンク
「(あいさつ終ったら)それでは引き続きご歓談をお楽しみにください」

<お開きのあいさつ>

「それでは、そろそろお時間も近づいてきましたので、この辺でお開きに致します。最後に〇〇部長のあいさつをお願い致します」

簡単ではありますが、規模が大きい会であっても問題なく使える基本的な手順となります。

 

新入社員歓迎会の司会挨拶での注意点

1.新入社員の確認
新入社員の名前は絶対に間違えてはなりませんので、あらかじめ確認しておく必要があります。
難読な名前の場合はふりがたをふっておきましょう。

2.進行と料理の確認
料理がまだ出ていないのに終了時間になってしまった というのが一番よくありません。お店側に確認が必要ですし、当日は状況を常に把握して何かあった時にすぐに対応できるように気を配っていることも重要ですね。

3.あいさつをする方の確認
部長、課長などの役員、乾杯の音頭を取る人、余興をする人など、それぞれの名前を間違いなく書き留めておきましょう。

4.会場の確認
上司は上座でなければいけません。当日みんなが座りだしてしまってから変更することは嫌がられますのであらかじめ席順を決めておき、到着した方から場所を促してあげるとスムーズです。

 

新入社員歓迎会の締め挨拶文

「それでは、これでお開きにしたいと思います。今日はみなさま、ありがとうございました。
最後に〇〇部長よりあいさつを頂きたいと思います。〇〇部長宜しくお願いします。」

シンプルにこれくらいがちょうどいいです。
最後にダラダラと長いあいさつは役員に任せて、司会進行はあくまで司会進行ですので、促すことがお仕事になります。

 

まとめ

滞りなく会ができるコツはやはり、先輩などから前年度のやり方など教えてもらい手伝ってもらうことです。
はじめてのことであれば、先輩も力になってくれるでしょう。
自分一人で悩まず、困ったことがあったら先輩を巻き込んでいきましょう!当日の困りごとも同じです。司会も途中先輩に変わっても問題ありませんし、力になってくれる人がいれば柔軟に対応できるので何かあっても安心です。

スポンサードリンク

コメント