新入社員歓迎会の幹事でやってはいけないこと定番の流れ、司会進行

新入社員歓迎会

新入社員の歓迎会の幹事を頼まれて、初めての経験なので分からないよ~という方へ。幹事って大変ですよね。
全体の流れ、司会進行、そしてやってはいけないことをまとめてみました。

スポンサードリンク

新入社員歓迎会の幹事でやってはいけないこと

<やってはいけないこと>
1.幹部、新入社員などの名前は絶対に間違えないようにする。
絶対にミスしてはならないことの一つです。難読な漢字は本人に確認する、ふりがなをつけるなどするといいでしょう。

2.終始、座ってゆっくりしない。
進行状況の確認、食事など行きわたっているかなど常に状況を把握して対応する必要があるからです。

 

<やらなければいけないこと>
1.代表、部長などの主賓となる人のスケジュール確認は必須です。
主役は新入社員ですが、同じくらい上司や幹部なども重要ですからね!

2.あいさつ、乾杯、お手伝いしてくれる人にお願いしに行きましょう。
事前に相談しておくことで当日に慌てることなく連携がとれます。

3.当日までにお店に行き確認しましょう
会場の席、どこにだれが座るか、料理なども確認しておくと安心です。
席はとても重要です。会社ごとに違いますから、先輩などに必ず教えてもらうようにしましょう。

4.料理や飲み物の把握
ちゃんと料理や飲み物が行き届いているか、司会進行と料理の時間のタイミングはいいかは気にかけておく必要があります。

 

<やっておくといいこと>
1.社内で何度も利用したことがあるお店にするとお店側もサポートしてくれたりします。
同僚や先輩などに聞いておくといいですよ!

2.宴会場の機材
カラオケなどあって使う場合は機材の確認、事前に準備しなければならないものがあるかお店側に確認が必要です。

3.席次表
上座に必ずお偉いさんに座ってもらわないといけません。事前に席を把握して席順を決めておき、当日促しましょう。

 

新入社員歓迎会の間違いない定番の流れ

よくある新入社員歓迎会の流れをみてみましょう。

1.幹事のあいさつ → 2.代表あいさつ → 3.乾杯 → 4.新入社員あいさつ → 5.歓談 → 6.中締め

幹事のあいさつは簡単に済ませて、代表のあいさつ、新入社員のあいさつをメインに早々に歓談まで進めます

スポンサードリンク

 

新入社員歓迎会の司会進行

幹事のあいさつは簡単に済ませましょう。これくらいあっさりしていても構いません。料理屋お酒を前にしてこれから長いスピーチがまだまだあるかと思うとうんざりですからね。

<幹事あいさつ>
「皆様、お疲れ様です。これより平成〇〇年度、新入社員歓迎会を始めます。司会進行は〇〇と申します。宜しくお願いします。」

<代表あいさつ>
「まずは代表(上司)のあいさつからお願いしたいと思います。〇〇部長宜しくお願いします。」
そして代表のあいさつはその場で一番偉い方にお願いしましょう。

<乾杯>
出席者の中で2番目に偉い人に乾杯をお願いしましょう。
あいさつと乾杯は同じ人で進める場合も多いです。そのままの流れでできますからスムーズですね。
乾杯をするとそのまま飲み始めますので自然に歓談へとなります。

<新入社員あいさつ>
「皆様、ここで本日の主役である新入社員のご紹介をいたします。」
新入社員に順番に自己紹介をしてもらいます。こちらは事前にこんなことを伝えてほしいなどお願いしておくと当日スムーズです。
インタビュー形式にすると場の空気がしーんとなったりしないので幹事さんが質問して促してあげるといいですね^^

<中締め>
上手に〆るためにも偉い方に〆の一言をお願いするといいでしょう。
幹事の重要な役割の一つです。 時間15分くらい前には中締めの挨拶をして2次会への準備をしてもらうように促します。

お偉い方の中締めで一本締めをする人も少なくありません。一本締めは2つありよく間違えられます。

1)よぉ~ パン
2)よぉ~ パパパン、パパパン、パパパン パン! これを3回

どちらになるかその人次第ですのでその時に応じて合わせちゃいましょう!そのほかに、万歳三唱の時もありますしね^^

 

まとめ

初めての幹事で重要なことは、先輩に相談することです。
会社ごとにルールが違いますので、恒例のこともあったりするわけです。ですから相談は必須です。できることなら前年度の新入社員歓迎会の幹事さんにコンタクトがとれれば最高ですね!

 

スポンサードリンク

コメント