「お疲れ様」は目上に失礼?お疲れ様でございますは正しい?言い換えその他

敬語の使い方

「お疲れ様」が目上に対して失礼なのか色んな意見があります。また「お疲れ様でございます」が正しいのか?他にも正しい敬語で言い換えることができるのか、マナー研修で現在教えられている内容をまとめてみました。

スポンサードリンク

「お疲れ様」は目上に対して失礼ではない

ネット上で色々な意見がありますが、マナー研修で教えられている答えとしては「失礼ではない」となっています。
所説ありますが、年配の方は失礼と感じる人も少なからずいらっしゃるので難しいのですが、最近では失礼に感じる人も少なく社内などでは日常茶飯事に使われていますから問題ありません。

例えば、すれ違った時や一仕事終えたとき、外出から戻った時など様々なシーンでよく使われますよね。
最近は「お疲れ」という言葉がよくないと考えてすれ違い時には「こんにちは」「お楽しみ様」を使う会社もあるようです。
すれ違いの時に無言で一礼もありますが、一言声を掛け合うっていうのがなんだかいいな~と私は思うので他社から見れば「なんか変じゃない?」って思われてもそれぞれの会社の決め事もステキだなと思います。

話がそれましたが、、、「お疲れ様」の言葉の意味は、疲れている人を労い、気遣う言葉です。尊敬語や謙譲語にはあてはまらず丁寧語になります。ですから部下から上司に使っても失礼にはなりません。

失礼になる場合は、社外の方に対して使う場合です。社外ではNGです。目下の方でも社外や取引先などには使ってはいけません。言われた相手は違和感を感じるか失礼な人だなと印象付けられてしまう可能性がありますので気を付けないといけないですね。

 

「お疲れ様でございます」は正しい

違和感を感じたり、変だなと感じる方も中にはいるようですが、敬語としても文法からみても間違いではありません。

「お疲れ様」(名刺)+「で」(助詞)+「ございます」(丁寧語)

スポンサードリンク

「お疲れ」の意味は「疲れているご様子ですね」という少々の労いを意味します。日本語では昔から目上に対して労いの言葉が失礼とされてきたことがあり、好ましくないとされていました。
ですが、現代では日常的に使う人も増えてきて受け取る側も失礼と思わない人も増えて失礼にならないという考えが多くなったのです。

 

「お疲れ様」目上の方へその他の言い換え

「お疲れ様です」は正しい敬語ではありますが、聞き手によっては不愉快に感じる人も中にはいるようですので、念のためほかに言い換えられる敬語をいくつか紹介しますね。

1、「お疲れ様でございます」
社内でのあいさつでは最上級の敬語ですからイヤな気持ちになる人はあまりいないかもしれません。ただ年配の方には不愉快に思う方もいるようです。

2、「ありがとうございます」
申し分ない無難な言葉です。敬語だとかそんなことを通り越して間違えようがない万能な言葉ですね。

3.「失礼します!」
自分が帰るときにも使えますし、目上の方が先に帰るときも使える万能な言葉です。どんな時でも絶対に失礼にならない言葉ですから安心して使えますね。

4.「こんにちは」
先ほども少し触れましたが、社内ですれ違うときに使う言葉として最近取り入れている会社が増えてきているようです。「お疲れ」という言葉がネガティブで良くないと考えられているからです。

間違っても「ご苦労様」は使ってはいけません。上司から部下に対して使います。目上から目下に使いますからここだけは押さえておかなければなりません。

 

まとめ

敬語は受け取る方次第で喜ばれたり不愉快に思われてしまうこともあるのでどれが正しいがはっきりしない分本当に難しいですよね。
特に年配の方と若い方で比べても学んできていることも違いますしね。

振り返ってみると「お疲れ様です」という言葉がいかに便利につかっていたか身にします(;´∀`)

 

スポンサードリンク

コメント