「なるほどですね」違和感の原因 敬語で正しい言い方はこちら

敬語に言い換え

「なるほどですね」という言葉、ついついビジネスシーンで気軽に使ってしまっている人結構いますよね?
そもそも、この「なるほどですね」という言葉は敬語ではないので違和感を感じてしまうのでしょう。
間違った敬語を使い続けていると上司や目上の方、取引先にも常識を疑われてしまうかもしれませんね。ここで違和感を払拭しておきましょう。

スポンサードリンク

「なるほどですね」違和感の原因

「なるほどですね」という言葉は「なるほど」と「そうですね」を合わせてしまった間違った敬語です。

「なるほど」という言葉は、文章で言えば「副詞」になります。
何かの動作を補足するための言葉であって、決して主役の言葉にはならないのです。

そして「なるほど」にはもう1つ意味があり、相手の言ったことに対する相づちを表す言葉でもあります。

自分自身主体の言葉ですので、そこに敬意はないので目上の人には用いてはいけません。
目上の人が言った内容について「なるほど」などと言ってしまえば、まるで目上の人の言った内容を目下の人間である自分が評価していることになってしまいますし、そうなれば相手に対して失礼な行為になってしまいます。

そしてもっと砕いて言うと「そうですね」という言葉も、目上の人間が目下の人間の意見や主張に同意するときに使う言葉であって、決して敬うべき相手に向かって返答に使う言葉ではありません。

そんな「なるほど」と「そうですね」が合体した「なるほどですね」という言葉は、敬語なのかどうかを考える以前に、ビジネスシーンにおいて使用するのは避けておきたい言葉なのです。

スポンサードリンク

 

「なるほどですね」敬語で言うと?

「なるほどですね」を大きく分けると、
・同意
・納得

2つの意味合いがあります。
この2つの言葉を正しい敬語に言い換える必要があります。

・同意する場合は、シンプルに
「はい」と言い換える
・納得する場合は
「おっしゃるとおりです」と言い換える

「なるほどですね」を頻発させた会話は耳障りが悪く、とてもスマートなビジネスマンの会話とは言えません。正しい敬語でもないので取引先の打ち合わせなどでは相手に不快な思いをさせる可能性もあります。

同意はシンプルに「はい」と言い換え、納得は「おっしゃるとおりです」に言い換えるだけで会話に重みがでて知的な会話をすることができます。相手にも好印象を与えることができるので取引も上手くいきます。このような言い換えが失礼に当たらない正しい敬語となります。

 

「なるほどですね」正しい言い方

先にお話しに出したように「なるほどですね」という間違った敬語は「おっしゃる通りです」という正しい敬語に変換が可能です。

活用場面としては上司や目上の方と話す時に、話を理解し納得した場合に「おっしゃる通りです」と使うのが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?「なるほどですね」という言葉は、口馴染みが良く「いつの間にか口癖になっていた」という人も少なくありません。
相手が言ったことへ同意する気持ちが強い時ほど、悪気なく「なるほどですね」と出てしまいます。
一度口癖になってしまうと、なかなか改善することが難しいので、安易に口にしないことが一番です。
間違えてつい言ってしまったあとでも、正しい言い換えの言葉を思い出しながら、少しずつ改善していくことが大切です。

スポンサードリンク

コメント