履歴書に送付状は必要?宛名と挨拶文の書き方

書類

就職活動に必要なアイテム、履歴書。
面接の前に書類選考を行う会社も少なくありません。
特に大手の企業となると書類選考が凄く重要になってきます。
郵送で書類を送る際に企業側に失礼がないようにするために気配りの知識、ビジネスマナーとして覚えておくと安心ですね。

スポンサードリンク

履歴書に送付状は必要?

書類選考で履歴書を郵送で送る場合、送付状も一緒に送るのが社会人としてのビジネスマナーです。
そもそも送付状とは企業側に送る簡単な挨拶文のことです。

送付状に記載する内容は大まかにわけて3点あります。

1、誰が誰に宛てて送った書類なのか
企業側に自分が送りましたというのがわかるようにします。

2、「書類の詳細」です
何の書類を何枚送ったのかが相手先に、しっかり伝わるようにしましょう。
履歴書であれば「履歴書 1通」と書きます。
同じように送付状や他にも送った書類があれば、それも記載しましょう。

3、挨拶文
挨拶文はビジネスを目的としているので一般的には季節に関する言葉を使用しなくても問題はありません。

送付状はインターネットなどで無料でダウンロードできるテンプレートもあります。

 

履歴書の送付状に書く宛名の書き方

送り先の企業名、わかる場合は所属部署と採用担当者の名前を記入しましょう。

企業や部署宛の場合は

「株式会社 ◯◯◯ 御中」
「株式会社 ◯◯◯ 人事部 御中」

というように企業名、若しくは所属部署のあとに「御中」をつけます。

担当者の名前がわかっている場合は「株式会社 ◯◯◯ 人事部 △△△ 様」というように企業名、所属部署のあとに名前のあとに「様」をつけましょう。

 

履歴書の送付状に書く挨拶文の書き方

送付状には必ず頭語(とうご)と結語(けつご)を使いましょう。

スポンサードリンク

頭語というのは「拝啓」「謹啓」「拝呈」などです。
結語というのは「敬具」「謹言」「拝具」などです
頭語と結語はセットで使います。

「拝啓(頭語)」で始まり「敬具(結語)」で終わるというような感じです。
一般的な手紙には「拝啓+敬具」や「拝呈+拝具」などが使われます。
丁寧な手紙や目上の人宛の場合は「謹啓+謹言」を使う場合もあります。

1、全文の挨拶文です

「貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。」
「貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。」

ビジネスレターの場合は季節に関わらず使用できる挨拶文を使うことが多いです。

2、文面についてです

文面は「応募書類(履歴書)送付の旨」「内容確認のお願い」などを記載しましょう。
「この度は貴社求人に応募させて頂きたく、履歴書を送らせていただきました。」などです。

3、同封書類について記載します

「記」と記入したあとに送付する書類を記入します。
同封した書類「履歴書」、その書類の枚数「1枚」を正確に記入します。
尚、送付状も同じように「送付状  1枚」と記入しましょう。

 

まとめ

あくまで送付状は何の書類が何枚入っているかの確認を目的としている会社が多いため目的以外のことは記入しない方がいいでしょう。
送付状の有無が合否に左右するかはわかりませんが、社会人としてのビジネスマナーとして送付状も送るのがベストです。
履歴書だけポンと送られるよりも送付状があった方が企業側もわかりやすいと思います。

履歴書だけに限らず就職してからも取引先へ請求書などの書類を送る際にも送付状は必要となってきます。
郵送の際に雨などで封筒が濡れても書類が濡れないようにクリアファイルにいれるのも思いやりのひとつです。

スポンサードリンク

コメント