「各位」上司へ正しい使い方。様は必要?または別の言い方

敬語の使い方

ビジネスの場でよく使われる「各位」という言葉。正しい使い方が出来ていますか?また、別の言い方はある?
使い方をよく知って、メールや書類作成に役立てましょう。

スポンサードリンク

「各位」上司への正しい使い方

「各位」という言葉は、「皆様」「皆様方」という意味です。
複数に使う言葉ですので、個人には使用しません。「各位」というメールまたは書類を受け取った場合は、複数の人に送っている。と捉えます。
「各位」を会話にすると○○の皆様となります。書面で○○の皆様という言葉だと、ややカジュアルになります。
「○○各位」とした方がスッキリとし書面全体のトーンに合わせることが出来ます。

例えば、案内メールを複数人に送りたい場合。
例:株主各位
平素は格別のご愛顧にあずかり、厚くお礼申し上げます。

上司や目上の人に対しても「各位」という言葉は使用できます。「各位」は敬称なので失礼に当たりません。
「社外取締役 各位」「関係者 各位」「社員 各位」などの言葉が使用されます。

しかし、相手によっては「各位」では良しと思わない人もいるようです。
心配な場合には、役職名をきちんと記載し、続けてその他に対して「各位」という書き方もあります。

例「○部長〇課長 および関係者各位」

スポンサードリンク

 

「各位」に様は必要?

「各位」という言葉は前述したように敬称です。
敬称に様をつけることは、二十敬語になります。
NG→「各位様」「各位殿」「御中様」

しかし、ここがオカシイ日本語‼‼
「お客様各位」という言葉。よく聞くこのフレーズ。
この言葉に関しては「お客様各位」という言葉が定着しており、使用してよいとされています。
二十敬語が気になる場合は、「各位」とだけ書くようにしましょう。

 

「各位」の別の言い方はある?

「各位」は皆様の意味として書類全体のトーンを合わせる使い方をされます。
書類上の冒頭に使う言葉で、ハガキや手紙の宛先には使用しないので、注意してください。

宛先に使用する「皆様」は「御中」として使用します。
「編集部御中」「人事部御中」
ここでも、気をつけたいのが、「御中」と「様」の二十敬語です。
NG例→○○編集部 丸井様 御中
「御中」は「皆様」なので個人宛には不要です。送りたい相手がいる場合は「様」だけでOKです。

 

まとめ

「各位」はビジネスシーンで使われることの多い言葉です。きちんと使えば便利な言葉です。
その他の敬称と共に正しく使用して失礼のないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント