「すいません」「すみません」謝るときの上司へ敬語の正しい使い方

敬語に言い換え

ビジネスの場では、謝罪する機会も多いです。そんな時にどのような言葉で謝るのが正しいのか?。
普段よく使っている「すみません」という言葉。実はビジネス上においてはあまりよくないことが多いんです。
そこで正しい敬語とどんな時にどんな使い方をするかまとめました。

スポンサードリンク

「すいません」「すみません」謝るときの書き方

「すいません」は正しくは「すみません」です。
「すいません」は「すんません」と同じように方言です。

謝罪文を書く時には、どのように書くと相手に誠意が伝わるのでしょうか。
「すみません」の場合は、敬語ではないので敬語を使用し「申し訳ございません」となります。
謝罪文のフレーズだけでも沢山あります。フレーズの一例をご紹介します。

「申し訳ありませんでした。」または「心より申し訳なく存じます」
「お詫び申し上げます」
「深く反省しております。」
「心からお詫びします。」

謝罪や断る際の言葉選びはとても難しいです。
メールや手紙など相手の顔が見えない時こそ、丁寧にしたほうが良いですね。


・この度の弊社の確認ミスにより納期が遅れてしまいました。今後二度と起こることのないように努めて参ります。
・ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

「すいません」「すみません」上司に使う場合

仕事をしていて、失敗しない人間はいないでしょう。謝罪しないビジネス場はあり得ないですね。
もし、自分のミスで謝罪した時には、まずは素直に謝罪することは重要です。

スポンサードリンク

咄嗟に「すみません」「ごめんなさい」と言ってしまいがち。しかし、これらの言葉は、対等の関係かもしくは目下の人に対して使う言葉です。
また、レストランなどで店員に呼びかける際にも「すみませーん!注文お願いします」「すみません。駅はどちらの方ですか?」と問いかけなどの意味や感謝するときに使用したりします。。
「すみません」は気楽に使える言葉なので、心から詫びている印象は持ちません。

上司に対しては、「申し訳ありません」「申し訳ございません」を使います。

勿論、これは、お客様に対しても同じです。

 

「すいません」「すみません」敬語の正しい使い方

「すみません」という言葉は敬語にすると「申し訳ございません」となります。
例えば
「申し訳ございません。只今〇〇は切らしております。違う色見で同じ性能の〇〇でしたら、すぐにご用意できます。」

「この度は、、大変申し訳ございませんでした。」

来客時に上司に緊急のメモを手渡す時などにも「お話し中に申し訳ありません。」と一声かけます。

「申し訳ございません」という言葉は様々なビジネスの場に用いられる言葉です。

 

まとめ

お詫びしているつもりでも、言葉の一つで軽く捉えられてしまいます。謝罪の意を相手にきちんと伝わらなければ意味がありません。
きちんと気持ちを込めて「申し訳ございません」と言いましょう。

スポンサードリンク

コメント