「ご苦労様です」失礼な挨拶?「お疲れ様です」の違いと正しい使い方

敬語の使い方

「ご苦労様」と「お疲れ様」二つの言葉はよく日常で飛び交う言葉ですよね。正しく使い分けができていますが?
この2つの言葉の区別を知っておくことは円滑な人間関係に大きく影響してきますので、間違えないよう正しく使って恥をかかないようにしましょう。

スポンサードリンク

「ご苦労様です」失礼な挨拶?

上司から「ご苦労様」と労いの声をかけていただいたとき、そのまま自分も「ご苦労様です」とオウム返ししていませんか?
実は、これって目上の方に対してとても失礼な対応になってしまうのです。
正しい言葉を知って、失礼のないコミュニケーションをとりましょう。
どうして「ご苦労様」が失礼な対応になるのでしょうか?
まず、「ご苦労様」とは目上が目下に使う言葉だというのを覚えておきましょう。
そのため、自分も「ご苦労様です」と同じように使うのはNGなのです。

 

「ご苦労様です」「お疲れ様です」の違い

「ご苦労様」「お疲れ様」は、どこの職場でも一日の仕事が終わった時に飛び交う言葉ですよね。
どちらも労をねぎらう言葉に違いありませんが、この二つは立場によって使い分ける必要があります。
前述したように、「ご苦労様です」は目上が目下に使う言葉です。

では、目下は、目上の人に対してどのように伝えるかというと「お疲れ様です(お疲れ様でした)」です。
お疲れ様は、いたわる気持ちが込められています。
また、職場によっては挨拶として使っている会社も多いのです。
3交代のように入れ替わり制の職場だったりすると、すれ違う度に「お疲れ様です」と挨拶に使われている職場も多いですね。

勿論、お客様に対して「お疲れ様です」「ご苦労様でした」は使いません。

スポンサードリンク

よく配達の方に対してご苦労様と言う方もいらっしゃいますが、目上から目下に使うことを考えるとどうなんだろうと思います。
間違いではないかもしれませんが、「ありがとうございます」と言うのが無難であり間違いではなく、対等であるので適切だと私は感じます。

 

「ご苦労様です」の正しい使い方

この2つの言葉が混合している例も少なくありません。
部下が上司に対して「ご苦労様です」と言うのです。
これは、「ご苦労様」の「苦労」という言葉に「ご」がついて、丁寧な「様」が語尾に付くので、敬意を表しているのではという誤解からきているのかもしれません。
しかし、「ご苦労様」は、苦労をかけたという文字通りの言葉です。そのため、目下のものが目上に使うのは適切ではありません。

ものすごく似ていますが、よく考えると、上司に向けて「苦労」という言葉は失礼になりますので避けなければなりませんね。

「ご苦労様」の使い方としては、目上の方が目下に使う言葉として覚えておきましょう。
「お疲れ様」の使い方は、仕事の帰りや挨拶として上下関係気にせず使えます。

 

まとめ

日常生活で何気なく使っていても、よく意味を考えると間違った使い方をしている日本語が沢山あります。
敬語を学ぶことは、社会人としてのコミュニケーションを円滑に行うためにとても大切です。

何が正しいかというのは会社によって人によっても違ってきます。
私の経験でもこんなことがありました。

・役職にはさん付けしなければ失礼
・お茶くみや3時のおやつを役職者にださなければならない

一般的な常識はありますが、社内での常識というのも存在しますしね。

ですから、最初は一般的な常識で考えて、社内常識を取り入れていくのが理想的です。
「郷に入っては郷に従え」ですから^^

スポンサードリンク

コメント